海浜幕張の幕張ベイパーク(千葉市美浜区)に引っ越してきました。
夫婦で海浜幕張での生活についてのブログを書いています。力の続く限り頑張ります。
(SNS・ブログなど初心者です。温かい目で見守っていただけたら幸いです。)

ベイパークのシンボル公園 若葉三丁目公園の改修発表

 

 

幕張ベイパークのシンボル的な存在の若葉三丁目公園について一部改修のお知らせが出ていました。

 

www.b-pam.com

 

 

 

 

幕張新都心若葉住宅地区街づくりグループ (代表企業 三井不動産レジデンシャル株式会社)がお知らせの中で以下のようにアナウンスしています。

 

私どもが開発しております幕張ベイパークは2019年4月の街開きから5年が経過いたしました。これまで3街区の開発が完了し、居住者・就業者も増え、街に賑わいが溢れていることを感じております。

今後もより賑わい溢れる街づくりを行うためにも、今般、千葉市と協議を行い、街の中心に位置する若葉3丁目公園の一部を改修することといたしました。改修工事は幕張新都心若葉住宅地区街づくりグループが行い、設置した遊具・ベンチ・テーブル・植栽等は千葉市へ寄贈した上で千葉市が維持管理を行います。

引用:若葉3丁目公園の一部改修工事について

 

費用などを公開されていない情報もありますが、今回のお知らせだけを見ると、住人にとってはいいニュースかなと思いました。

 

2019年の街開きから、約5年でシンボルの公園が改修となるのは、「そんなに早く!?」と思うものの、千葉市など自治体の整備費の分配を待たずに、街の魅力を向上するために継続的に改修・改善が行われるのはありがたいです。

 

私自身の実家は田舎の方なのですが、実家の周囲の公園はボロボロの遊具や、ボウボウの雑草、異常な量の蚊やバッタなどの虫など、子供を連れて行こうとは思えない公園が多く存在します。。。

 

自分が育った環境がそうだからか、このように5年で追加投資を受ける公園は聞いたことがなく、そのような背景もあり、今回の件をポジティブに感じております!

(ありがとう、ベイパーク、ありがとう、三井不動産、ありがとう、千葉市。笑)

 

 

 

そして「一部改修」と言いながらも、こちらの改修内容を見ると、広範囲で工事が実施されるようで、公園の生まれ変わりが楽しみです。

リンク:若葉3丁目公園改修 改修内容

 

エントリーエリアは植栽の植え替え、Aブロックと記載された現在遊具があるエリアは遊具の新設、Bブロック(公園中央部の芝生エリアの両側の土手)は照明の設置、そしてCブロック(花見川緑地側の丘)は照明やベンチの設置などが計画されています。

 

ざっくり言うと、遊具の更新と、公園の照明の増設がテーマなのかなと思います。

 

 

遊具エリアの改修は、改修後イメージを見ると、砂場が大きくなり、ブランコやうんてい、ジャングルジム、登れる丘のような遊具?など少し遊具の対象年齢が上がるように感じます。

 

一方で欲を言うと、Cブロック(花見川緑地側の丘)は公園全体でもコールドエリアのような気がしていて、今回の改修でも積極的に人を集めるような改修内容ではないので、もう少しテコ入れして人が集まるエリアになるといいなと思いました。

 

開発中の街ということもありますが、このような形で継続的に改修・改善がされるのは非常にありがたいです。